2007年09月14日

‘千の顔’シムヒョンタク、朝ドラマで復帰

200709140926252100_15735.jpg
‘千の顔’シムヒョンタク(30)が帰って来た。2年2ヶ月間の軍服務を終え、MBC-TV新しい朝ドラマで視聴者たちを訪ねる。

シムヒョンタクを見ていると、‘千の顔’という言葉が自然に全身から感じられる。表情によって、角度によって、または感性によって顔自体が変わるカメレオンだ。もしや誰かに似ているかと詳しく眺めてみれば、似ている顔が大量に零れ落ちる。チョジェヒョンの姿が漂っているようでありながらも、チジニの顔が一瞬過ぎ去り、微笑む時ならばクォンヘヒョの姿もチラつく。演技が上手だと噂の俳優を一度に座らせて話すようだ。

2005年5月に入隊し、去る7月初めに軍服務を終えたシムヒョンタクは、 MBCの新しい朝ドラマ「それでも好き」にキャスティングされた。除隊後2ケ月ぶりに、まるで待っていましたというように作品活動を始めた。実のところ、シムヒョンタクという演技者の顔を見れば、どの監督でも食指が動かずにはいられない。

「たとえ瑞草区役所での公益勤務でしたが、2年2ヶ月という時間は私の心を肥えるようにさせました。誰もが同じだったと思うけれど、軍入隊を決めるのは易しくありませんでしたが、結果的に自分を振り返るようになりました。軍隊で世の中を見たし、今は大人になったような気がします。」というシムヒョンタクだ。
200709140926252100_2rtywyyw.jpg

もう何も持っているものはない。引っかかるものもない。

ふっとまだ‘軍紀’が残っているような態度だ。決然としている意志まで見える。「もう何もありません。以前に持っていたもの等、経歴やら、自尊心やらは皆捨てて来ました。また新人として見て欲しいです。」

「それでも好き」では、ローファーム弁護士ソッビン役を引き受けた。冷情で緻密な性格の持ち主で、間違った結婚で迷う兄ソッヌ(イチャンフン)とは様々に対比される人物だ。ドラマの内容は典型的な朝ドラマだ。腹違いの兄弟、腹違いの姉妹が登場し、両家は同属婚姻で複雑に絡まる。三角・四角で編まれる男女関係、出生の秘密、不幸な結婚生活など、朝ドラマの興行要素をあまねく取り揃えている。

朝ドラマで冷情なローファーム弁護士

「監督が‘沈痛に、太く、強く’と注文しました。悪役と言うのははばかられるが、多情多感な人物にはならないということのようです。 ‘いる時尽くして’を演出したキムウソンPDが今回の作品を引き受けましたが、‘台詞伝達より感情が重要だ’という話をしました。 私がすべきことが何なのか、すぐ感じがゴツンと来ました。」

軍の服務を終えた演技者たちの話を聞いてみると、大部分は「ドラマを見たくなかった。」と話す。自尊心の為であろう。同期や後輩演技者たちが活発に動いている姿を見て、ひたすら良いとする人も良くない。シムヒョンタクもその範疇から大きく脱しなかった。「どうしても軽い心でドラマを見易くありませんでした。それでなのか、アメリカドラマ、日本ドラマに凝りました。「HEROSE」や「Prison Break」「24時」「のだめカンタービレ」のような作品にハマりました。 いろいろ感じた点が多かったですが、特に視線処理を注意深く見て、今演技するのに多くの役に立っています。」と話した。
200709140926252100_3rtyert.jpg

今回の作品が出来なければ、KBSに足を入れ難い

アメリカドラマを見ながら悟った‘視線処理’は、来る15日放送されるKBS-2TV「ドラマシティ シーッ! そこに、天使」で思いっきり発散される。「初めてシナリオをガツンと受けたが、‘大変な事になった’ と思いました。 この演技をまともに出来なければ、二度とKBSに足を踏み入れられないだろうという気がしました。台詞はほとんどなく、視線と表情を主として演技をしなければならないのに、それ程負担ではありませんでした。幸いに、それなりに悟った視線処理法がたくさん助けになりました。」

シムヒョンタクは「シーッ! そこに、天使」で臓器不法売買組織員として出演する。過去に子供の病院費用を用意する為に、片方の腎臓を売り込んだ前歴もある。取り締まりが厳しくなると、結局、詐欺まで働くようになる下積み人生を演じる。シムヒョンタクの強烈な人生とよく似合う配役だ。

大学院は自動除籍

水原大学演劇映画科を卒業し、東国大学教大学院新聞放送学科に進学したシムヒョンタクは、軍の服務期間の間、入隊休学をせず、結局、学校から除籍処理された。服務期間の間、体重も増えて84kgまでになった。しかし、除隊を控えて身体作りに入り、3ヶ月間でおおよそ 14kg落とす、驚くべきな精神力を見せた。

「運動が好きです。ヘルスとスイミングに山登りが特に好きだが、家の近くの冠岳山の頂上でどぶろく一杯でも飲んでいる人の中に、もしかすると私が混ざっている可能性もあります。 (笑)‘ドラマシティ-シーッ! そこに、天使’では、これまで整えた私の体つきも見られるでしょう。 熱心にします。」

カンヒス記者100c@osen.co.kr

写真:キムヨンミン記者 ajyoung@osen.co.kr

osen]2007-09-14 9:35:05


posted by rika1999 at 14:29| ■TOPICS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。