2009年03月22日

シムヒョンタク「今年は姓名三字を確かに知らせたい。」

KBS「家に帰る道」で物知らず医師役
PYH2009032009260099000_P2.jpg
シムヒョンタクは古い(?) 俳優。2001年にデビューし、かなり多い作品に参加した。

その間、軍隊にも行って来て復帰した後、二編の問題作にも出演した。「妻の誘惑」キムスンオク作家の前作であるMBC-TV朝ドラマ「それでも好き」を通じて、主婦たちから人気を集め、MBCシットコム「クク島の秘密」を通じてマニア層の支持を受けた。

しかし、相変らず彼の名前と顔の判断がつかない人々が多い。
PYH2009032009270099000_P2try.jpg
「はなはだしくは'演芸街中継'にも、私の名前が 'シンヒョンタク'で出るのを見て、本当に悩み苦しみました。私の名前は多少難しいですよね。聞き流せば憶え易くなくて。記事にも名前が間違って出る場合が多かったです。それで今年は、何としても名前三字を確かに知らせたいですね。」
シムヒョンタク(31)はこんな悲しい(?) 話をしながらも、まるで他人事のように事もなげな顔をする。他人達はそんな彼を見て、'コメディアンの血が流れる'とも言う。

彼は現在、KBS-1TV日々劇「家に帰る道」に出演中だ。整形外科医だが分別がなく、騒ぎをよく起こす少し対策ないミンス役だ。仮にも医師だが、患者を診療したり手術する場面はなく、常にお金の問題のため輾転する姿で描かれる。

「私も医師として少しは素敵に描かれるか思っていたけれど、白衣だけ着て出てきて、診療はほとんどしません。家に帰っても、ゲームして遊んで。(笑) しかし、ミンスが一番現実的な医師の姿を描いていると思います。最近はね医大を出ても就職できなかったり、お金を儲ける事ができないお医者さんたちが多いでしょう?ミンスがお金のために悩むこともやっぱり病院運営が難しいからですが、問題になったお金が 8千万ウォンという事実もやはり、このドラマがどれほど現実的なのか見せています。」
彼は「分別はないが、私はミンスが正しいと思って演じています。」と笑った。

シムヒョンタクは最近も、地下鉄とバスを度々利用する。そのように行き来しても、僅かその間も、誰も彼を見知ることができなかったと言う。
PYH2009032009330099000_P2.jpg
「それなりに多い作品に主助演で出演したのに、人々があまり見つける事ができないんです。それで楽でもあったけれど、息苦しかったりもしました。ところで、いつかからか'あの子、シムヒョンタクじゃない?'とコソコソ言われるのが、気持ちが良かったです。(笑) それでも、飛びかかってサインまで貰って行く段階ではないけど、これ位なら、大いに発展しました。」
彼は「軍から復帰した後、朝ドラマと夕方のシットコムを経て夕方の日々劇にまで上って来たから、胸がいっぱいだ。もう午後10時代のミニシリーズを攻略したい。」と言いながら笑った。

「除隊後、日々劇ばかり三回目だが、自分自身、とても堅くなっているというのを感じています。スタミナも出て、余裕も生じました。事実 'クク島の秘密'が弾けてくれるのを願っていたのに、うまくいかなくて残念でした。しかし、過ぎ去ったことばかり考えていることはできないですね。」
デビュー9年目。しかし彼は '新人賞'を狙う。
PYH2009032009300099000_P2et.jpg
「多くの方々が私が誰なのか相変らず判断がつかないのだから、新人賞を狙っても良くないでしょうか?(笑) 去る9年間、 'うまくいくようだ'という言葉をたくさん聞いたが、いつも新人だという気持ちでしています。」
彼は「この前占って貰ったら、満三十一の時に弾けると言われたが、それがまさに今年です。」と話し「今時の時期に仕事が続いているということだけでも幸せだけど、どうせやるなら私がどんな俳優なのか確かに知らせたい。」と話した。

ユンゴウン記者 = pretty@yna.co.kr

[連合ニュース]2009/03/22 08:30
posted by rika1999 at 19:39| ■KBS-1日々劇「家に帰る道」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。