2009年02月25日

シムヒョンタク昇進順位NO.1、用意された模範社員

sh1.jpg sh2.jpg sh3.jpg

ef20090225083201_002003_[W850xH567].jpg

誰もが彼の顔を知っている。しかしそこまで。
「私が演じた人物は記憶していても、それがすべて私だとは思われないようです。キャラクター変化がとても大きいからなのか。」という彼の言葉のように、実は俳優シムヒョンタクを説明する事は易しくない。

MBC「それでも好き」を思い浮かへれば、彼は怒りの化身ユンソクビンで、MBC「クク島の秘密」で彼は会社員メロの真髄を見せたシムヒョンタクだった。そうかと思えば、KBSドラマシティ「シーッ! そこに、天使」で彼は頑固な顔で、切々たる憐愍を汲んであげたオリュだったし、甚だしくは2002年放送されたMBCベスト劇場「恋人たちの昼食」では同性の恋人を忘れることができないジョンフでもあった。そして今、シムヒョンタクはKBS日々ドラマ「家に帰る道」で、長男と家長としてストレスを受けながら生きて行く生活型医師ユミンスを演じている。

説明書と演習で説明される男
sh320090224163933_7.jpg
「クク島の秘密」(左)から「家に帰る道」まで、
シムヒョンタクは日常性を演じる時に引き立った。

まったく共通部分は見つけることができなさそうな役の数々を縦横無尽にこなすうちに、彼は三十を越した。公益勤務要員として軍生活も終えた。3年間の空白は恐ろしかったが、復帰1年前からは運動と演技演習をして、俳優としての感を失わないためにしっかりと準備した。努力で解決することができない問題はないと信じるからだった。撮影まで二日残して「家に帰る道」のシナリオ15冊を受け取った時も、シムヒョンタクは躊躇うことなく所属社の演習室に向かった。そして、毎食事をジャージャー麺で済まし、撮影直前までシナリオを読破した。
「他の方々は2ヶ月前から準備していらっしゃったのでしょうが、私が時間に追い付く方途が他にありませんでした。今後も日々劇の呼吸に付いて行こうとすれば、ずっと演習室に暮らさなければならないようです。実は、私の部屋には宝物1号の大型TVからホームシアター、各種ゲーム機がすべて具備されているんです。コンピューターも二台もあって、面白いものがあまりにも多くて演習をするためには家の外に出なければなりません。」

演技だけではない。自らを“疲れる性格”と称するほど、シムヒョンタクはすべての事をきちんきちんと始めから積み上げて行くタイプだ。いつもコンピューターを直してくれた友達が、思わず投げた面責に刺激を受けて始めたコンピューターの勉強は、かなりの組み立てと修理を直接するほどに精通したし、学生時代の友達が‘METALLICA’も知らないのかとからかった時は、雑誌やレコードを全部買って音楽情報を丸ごと覚えてしまうほどだった。
「携帯電話を買えば、使用説明書を初章から几帳面に読むんです。 ‘スタークラフト’を始める時も、関連本を購入して1枚広げて種族たちに対する勉強から始めた位ですから。」もうモデルの仕事をしていた22歳の年に演技を体系的に学ぶために、水原大演劇映画科に入学したことも、言論と放送に対して知りたいという欲望を具体化するため、東国大新聞放送学大学院に志願したことも皆、そんな厳しさから始まった選択だった。

“シンヒョンタク、シムヒョンタック、キムヒョンタク... シムヒョンタクです!”

そのためだろう、酷い演習虫であるシムヒョンタクの演技が一番輝く瞬間は、彼が生活に密着した現実的な人物になる時だ。劇的な設定の助けがない時、演習で余白をいっぱい満たし入れたシムヒョンタクのキャラクターはより一層明らかになる。これに加えて「デビュー後、ずっと私が家の家長です。妹を嫁がせ、軍を除隊し終わると、通帳の残高が0になっているんです。これからは、休みなく働く俳優になりたいです。」という真率な告白まで聞くと、日常にしっかり足を付けて責任感で演技をするこの男の顔は、より一層鮮かになる。しかし、まだ鮮かではないことが一つあるとすれば、それは彼の名前。
「それなりに除隊後、活発に活動をしたと思うのに、記者様たちが私の名前をしきりに間違って悲しいです。この前もKBS'演芸街中継'でシンヒョンタクで出ました。他の記事でもシムヒョンタク、キムヒョンタク... 多様に違うんです。」
シムヒョンタク、三つの字を正確に憶えたら、もうあなたはその男の 1枚を広げたわけだ。 終りを知らないこの男の話は、今まさに始まった。

文/ユンヒソン (nine@10asia.co.kr)
写真/チェギウォン (ten@10asia.co.kr)
編集/イジヘ(seven@10asia.co.kr)

[10asia]2009.02.25


posted by rika1999 at 20:21| ■TOPICS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

'チョヨジョンの男' シムヒョンタク "適応するために汗を流しました"

日々劇「家に帰る道」15のシナリオ、一遍に消化 'ハッハッ'
もう妻役チョヨジョンと呼吸テキパキ…芸能の神童だそうです…
coming200902250051490.jpg
俳優シムヒョンタク(31)は紆余曲折の挙句、KBS-1TV日々劇「家に帰る道」の主人公ユミンス役を占めた。おおよそ三名の男優たちが有力な候補に上がりながら、行き違った。

シムヒョンタクは結局、四番目でユミンス役に指目され、一番遅れてドラマに合流した。シムヒョンタクは初撮影から難関に逢着した。おおよそ15のシナリオを一遍に受けとった為、NGを二十回以上投げ捨てた。

「演技がお上手だと言われている俳優ソンガンホ、ソルギョング先輩でも二日でキャラクターを作って行くのは、とても難しいでしょう。 シナリオを受けて二日夜を明かし、所属社の演習室でキャラクターを作って行き、演技演習をしました。しかし、初撮影をとても大変にさせたから、撮影スタッフたちからの心配の声もたくさん聞きました。

シムヒョンタクは当時の状況を説明しながらも、全然残念がらなかった。もうサッサと振り払ってしまって久しい。心の中に自分ができなかった良くない記憶だけ抱えているには時間がなかった。信じられるのは自分の経験だけだった。彼はもうMBC朝劇「それでも好き」を30%台の視聴率で引き上げた主役だったし、MBCシットコム「クク島の秘密」で演技変身に成功したりもした。

シムヒョンタクは「それでも好き」で俳優キムジホ、イチャンフンら貫禄ある俳優たちと呼吸を合わせて、全然劣らない演技を繰り広げた。その結果、「家に帰る道」に最終指名された時、俳優ハンジニは制作陣に「(シムヒョンタクは) グッドキャスティングだ。<それでも好き> 後半部は、シムヒョンタクが皆導いて行った。」と言ったほどだ。シムヒョンタクはパクジニと「それでも好き」で父子間で出演した。

シムヒョンタクは当時、熱心に演技した実力を遅ばせながら認められ、「家に帰る道」に成功的に安着した。このドラマは現在平均20%台の視聴率を維持している。

「<家に帰る道>で妻で出演するチョヨジョンとの呼吸は100点のようです。こんなに息が合った場合もなかったと思います。」

シムヒョンタクは「家に帰る道」で総合病院を運営する家の長男で出演中だ。 劇中、20代初盤の幼い年令で、現在妻チャンミリョン(チョヨジョン)に出会って結婚、既に子供が二人いる父親役を消化している。

「これまでドラマで性格が極端的だったり、無愛想だったりしました。実際の性格もそうではないかと思う方々が多いです。実際には真剣というよりコミカルなスタイルです。この間MBCの芸能番組<我が娘の男>に出演したが、MCのキムヨンマンが私に'バラエティー界の神童'とおっしゃいました。ハハ」

カンウニョン記者 kiss@sportshankook.co.kr
写真=キムジゴン記者 jgkim@sportshankook.co.kr

[スポーツ韓国]2009/02/25 07:53:37
posted by rika1999 at 17:12| ■KBS-1日々劇「家に帰る道」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シムヒョンタク“私も一時はモデルでした” (インタビュー3)

モデルライン45期同期のイジョンジンと日々劇で正面対決
24154918578_60800030.jpg
KBS-1TV帯ドラマ「家に帰る道」に出演中の演技派俳優シムヒョンタク(32)が、過去にモデルとして活動したと明らかにした。

シムヒョンタクは最近、ノーカットニュースとのインタビューで「去る1997年、モデルライン45期でデビューして専門モデルとして働いた。当時、同期の中でイジョンジンとオクジヨンが演技者として活動している。」と話した。

シムヒョンタクは「オクジヨンとイジョンジンはモデル活動をしていた時は勿論、演技者として専業後にも脚光を浴びたが、私は大きい活躍を繰り広げることはできませんでした。」と冗談を言った。

現在、イジョンジンはMBC日々ドラマ「愛してる、泣かないで」に出演中だ。シムヒョンタクは「過去にはイジョンジンが私よりより一層人気が多かったが、今は私が視聴率でもっと先に進んでいる。」と照れくさがった。

シムヒョンタクは今出演中の「家に帰る道」に対して、「'家に帰る道'は視聴者たちに大きい愛を受けていて、私に良い機会になると思います。今まで演技をしながら努力した以上の何倍もの努力を加えたいと思います。」と感謝の意味を伝えた。

ノーカットニュース/チョンフンジン大学生インターン記者mvpjhj@naver.com

[ノーカットニュース]2009-02-24 15:51:53
posted by rika1999 at 16:44| ■KBS-1日々劇「家に帰る道」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シムヒョンタク “一番似ていたい俳優はキムミョンミン” (インタビュー2)

キムミョンミンのキャラクター創出能力に似ていたくて、自分の演技秘法はたゆまぬ演習
24151615078_60800030rytry.jpg
KBS-1TV日々ドラマ「家に帰る道」に出演中の演技派俳優シムヒョンタクが一番似ていたい先輩演技者として、タレントキムミョンミンを指折った。

シムヒョンタクは最近、ノーカットニュースとのインタビューで「キムミョンミンさんが‘不滅の李舜臣'‘Beethoven Virus’で名前を広報前の2001年、‘お熱いのがお好き’というドラマに一緒に出演した事があります。その時もキムミョンミンさんはキャラクターを理解し、これを新たに創り出す能力が優れた俳優でした。それに人間的な面貌も立派でした。」と評価した。

デビュー12年目であるシムヒョンタクは、キムミョンミンのような演技派俳優になるために絶えず努力すると言った。彼は「企画社にある演習室が私とマネージャーの家。」と冗談を言った。また、「起きて一番先にシナリオを探す。」と話して、基本に充実なのが重要だと強調した。

シムヒョンタクは現在出演している「家に帰る道」の撮影場でも、先輩俳優たちの演技を見守ったり、シナリオ演習をしながら自分の演技を発展させていると話した。 彼は自分の演技秘法として「自分が引き受けたキャラクターを愛さなければならないし、それでこそ、そのキャラクターを消化することができる。」と打ち明けた。

一番引き受けたい役を問うと「特別に引き受けたい役はない。ただ与えられた役に最善を尽くして演じたい。」と、現在引き受けているミンス役に最善を尽くすと伝えた。

ノーカットニュース/キムドングン大学生インターン記者like-ivy@hotmail.com

[ノーカットニュース]2009-02-24 15:52:25
posted by rika1999 at 16:32| ■KBS-1日々劇「家に帰る道」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シムヒョンタク“スターよりは細く長く演技をしたい”(インタビュー1)

[ノーカットインタビュー] KBSほ1TV日々ドラマ「家に帰る道」主演シムヒョンタク

ti654646.jpg
“ドラマ視聴率50%、自信があります。”

KBS-1TV日々ドラマ「家に帰る道」(シナリオ/チェヒョンスク・パクジスク、演出/ムンボヒョン)の主演シムヒョンタクは、大衆的な人気を享受する俳優ではない。彼の言葉によると“大衆交通手段を利用しても見つける人が珍しい”と言うのは、芸能人よりは‘一般人Force’が強いと言わなければならないのかもしれない。

しかし、彼が出演する作品は話題の線上に立って高い視聴率を記録した。視聴率20%を出入りした朝ドラマ「それでも好き」では、希代の悪役で主婦視聴者たちの愛憎を一身に受けたし、マニアたちの全幅的な支持を受けたシットコム「クク島の秘密」では不器用なブランド族で大きい笑いを抱かせた。

この位なれば、視聴率50%を自負するというシムヒョンタクの発言が社交辞令ではなさそうだ。シムヒョンタクは「制作発表会の時も言い放ったが、少しずつ波動が生まれるでしょう。たぶん、前作‘君は我が運命’より早く反応が来るのではないかと思う。」と話した。

作品ごとに多様なキャラクターを披露してきたシムヒョンタクは、今回のドラマで平凡な大韓民国の30代の家長の自画像を演じる。彼が演じるミンス役は、医大在学中に一時の過ちでガールフレンドを姙娠させ、結婚にゴールインした人物。あまりに早く結婚したせいで、妻に少し無関心で、自分だけの趣味であるゲームに沒頭する。

「また悪役ではないかという指摘もあるが、悪役ではありません。妻を愛していないわけではないが、長年の結婚生活に疲れて倦怠を感じる平凡な30代の家長であるだけです。多分、男性視聴者たちは自分の姿を見るような感じに、また女性視聴者たちは自分の夫みたいな姿に共感するはずだと思います。」

劇中、ミンスが趣味でゲームに沒頭する姿は、シムヒョンタク自身の姿でもある。シムヒョンタクは周りも認めるEarly Adopter(アーリーアドプター/新しい商品やサービス、技術や知識、ライフスタイルなどが登場したsg、早い段階でそれを購入・採用・受容する人々(層)のこと。)で、かなりのゲームは渉鮮したという。最近沒頭するゲームは任天堂アイスブルーボックス。オンラインゲームは‘廃人’になるのではないかと心配で止揚する方だと言う。

◆私の人生のターニングポイント「それでも好き」

24145800062_60800030.jpgシムヒョンタクが俳優として名を知らせるようになったきっかけは、 MBC朝ドラマ「それでも好き」だった。「それでも好き」は刺激的な設定でいわゆる‘マクジャンドラマ’のスタートという不名誉な荷札をつけている。しかし、シムヒョンタクは「‘それでも好き’は私の人生のターニングポイントです。」と言って誇らしがった。

「私はデビュー12年目です。軍除隊後、演技がしたくて闇雲にお金を蓄え、水原大演劇映画学科99学番で入学しました。しかし、自分の名を知らせるに値する作品に出演するのが易しくありませんでした。‘それでも好き’への出演後、人生が変わったのです。何の演技経験もなかった私を信じて‘君がしたいとおりにしてみなさい’と押してくださったキムホサン監督様のおかげで、今日のシムヒョンタクがあり得ました。‘クク島の秘密’も‘それでも好き’を視聴した作家たちが強力に推薦して下さり、キャスティングして貰えたのです。」

あいにくにも「家に帰る道」の競争作であるSBS「妻の誘惑」の作家が「それでも好き」の筆を執ったキムスノク作家だ。二つの作品は同時間帯には放送されていないが、各放送社を代表する日々ドラマ。それにMBCの同時間帯に放送されるMBC「愛してる、泣かないで」の主人公イジョンジンはシムヒョンタクのモデルラインの同期だ。

「‘妻の誘惑’と‘愛してる、泣かないで’共面白くて良い作品だと思います。特に感情を一つ一つ現わす‘妻の誘惑'は、複雑なことを楽しまない最近の視聴者たちのコードに符合するようです。‘愛してる、泣かないで’ではジョンジンがやっぱり良い演技を繰り広げているし。お互いにウィンウィンするべきでしょう。」

ウィンウィン戦略のためのシムヒョンタクの秘法は‘演習’だ。一時彼は所属社GNGプロダクションに簡易ベッドを用意し、そこで宿泊を解決し、演習をした演習の虫で有名だった。

「もうやっと私の名前三字を知らせただけです。スターになりたい欲心はありません。視聴者と監督様に良い俳優と記憶される、細くて長く行く演技者で残りたいです。」
24145950687_60800030.jpg


ノーカットニュース放送芸能チーム/チョウンビョル記者mulgae@cbs.co.kr

[ノーカットニュース]2009-02-24 15:52:17
posted by rika1999 at 16:17| ■KBS-1日々劇「家に帰る道」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[Shall We Talk]シムヒョンタク、“ドラマのために、我が人生を捨てました”

ghrytryry.jpg
“ドラマが終わるまでは、我が人生を捨てる事にしました。”

タレントシムヒョンタクは‘あらゆる機械を愛する’と自慢する位、各種機械に対する関心が高い。オーディオシステムは勿論、コンピューターのアップグレードも一人でさっさとやりこなす。余暇時間がある時なら、コンピューターゲームにすっかりハマって過ごしたりする。

しかし、KBS日々劇「家に帰る道」に出演するようになってシムヒョンタクは、自分が好きなすべてのものたちと断絶宣言をした。理由はひたすらドラマにだけ集中するためだ。

「自分だけの信念が強い方ですが、ドラマを始めてすべての機械のコンセントを皆抜きました。機械を触ったりゲームができなくて禁断症状が現われる時もあるけれど、崩れることを防止するためには甘受しなければならない分け前のようです。何かをするためには、体系的にしなければならないという考えを持っていて、より一層そうなんです。

シムヒョンタクは「家に帰る道」でピョンファ病院の整形外科専門医と同時に、事実上の経営者であるユミンス役を引き受けた。'仕事中毒’というほどに、患者の治療にも熱心で、なんとしても病院を正常化させるという意志が確固な現実主義者だ。
ti.jpg
「現実主義者という設定は実際の私の姿と似ています。金離れが荒くなく、合理的に物事を解決しようと努力します。それで演技をするのが楽な方です。しかし、突然に出演するようになって、初盤は少し下手でもありました。それでも、これからは慣れただけに、徐々にドラマに自分の姿が溶け出しているようです。

演技者として正しく真っ直ぐで落ち着いたイメージを構築して来たが。シットコム「クク島の秘密」と芸能「我が娘の男」を通じて、少しは重みを脱ぎ捨てもした。「クク島の秘密」で演じたキャラクターが一番自分と近く、演技だけではなく芸能番組への出演にも自信感を見せた。「芸能で新しい自分を見つけることができました。それだけ芸能にも欲心があります。」と堂堂と言った。

シムヒョンタクは10余年前、広告モデルとして芸能界に足を踏み入れた後、多数の作品に出演した。多少ゆっくりした歩みに心忙しさがあるようだったが、意外に未来の自分に対しては素朴な念願を持っていた。演技をいる人々は、普通は演技力を認められたがるものと決まっているが、シムヒョンタクは「演技の演習を本当に狂ったように熱心にするという話を聞きたい。」と望んだ。そうでなければ、自らに正当ではないという理由からだ。シムヒョンタクの携帯電話の初期画面に使われた‘謙遜100%、努力100%’という文句が、彼の強い意志を証明した。

文/パクジュンボム・写真/イソクウ記者

[sports.khan]2009年 02月 22日 18:53:36
posted by rika1999 at 15:27| ■KBS-1日々劇「家に帰る道」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。