2009年02月26日

シムヒョンタク・Photo Gallery

20090225083202_002004_ertetghfhfh.jpg
posted by rika1999 at 12:33| ■TOPICS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シムヒョンタク| My name is..

sh1.jpg sh2.jpg sh3.jpg



20090225083134_0.jpgMy name is シムヒョンタク。万事が意のようになる、大きい 者を使う。

1978年 1月 12日生まれ早い 78年生まれだから、学番が違う78年生まれたちとは絶対友達に受け入れられない。ハハ。旧暦なら私も巳年だが、変な系図を作ることはできない!

中学生の時までは勉強をよくした。優等賞も受けて。高等学校へ行って俳優になりたくなったが。ご両親の反対がひどかった。その時から彷徨もし、成績も下がり始めた。フゥ〜

あの時、悪い道に陥らなかったのは祖母のおかげだ。私の名前も祖母が共通の文字がなくて、お金を払って作ってくださった。祖母が亡くなった時、私が耳元で“必ず俳優で成功するよ”と人知れず密かに言った。その約束は必ず守らなければならない。

この間ファンたちと誕生日パーティーをしたが、日本からいらっしゃったファンもいた。KBS「白雪姫」を見たというが、やっぱりミニシリーズが波及効果が大きかった。そのドラマは四画関係の一つの軸としてキャスティングになってから、あまりにも分量が多くなくて、‘だまされたな!’と思った作品だ。ハハ。それでもパン屋社長の役だから小学生たちには人気を多少引いた。

一幕物をたくさんした。15編ほど。入隊の前の最後の作品が2004年 9月に放送されたKBSドラマシティ「キムドンジュンが住む町」だったが、除隊後のカムバック作も2007年 9月放送されたドラマシティ「シーッ!そこに、天使」だった。不思議な縁ではないか!

KBS「家に帰る道」に一緒に出演している(チョ)ヨジョンさんとは、本当の夫婦のように近く過ごそうと思う。撮影場に行けば、私がヨジョンさんのいる女性の控室を訪ねてシナリオも合わせたり、対話もたくさん交わす。劇の雰囲気が暗く、私たち二人だけでも面白い面をたくさん見せなければならないと考えて、もっと努力しようとする面がある。私も人が本当に良くで、ヨジョンさんも性格が本当に良くて、これはちゃんとしたヒューマンドラマだ。ハハハ。

最近、「家に帰る道」の分量が多くて昨日は、台詞で呼吸困難になりそうだった。銀行へ行く場面なのに、洋服を着てカバンを持ち、スリッパを履いたまま出てきて、チャンヨン先生に指摘を受けたほど余裕がなかった。

元々、KBS「憎くてももう一度」にキャスティングが決まっていた。ところが、「家に帰る道」に出演提議が入って来た。とても大きい役だから私にターニングポイントになるようだと、下車することを理解して下さったキムジョンチャン監督様と制作陣に感謝するだけだ。「憎くてももう一度」にはキム記者役で、少しだけ友情出演はした。

昨日、KBSの放送局トイレで、「不朽の名曲」の収録にいらっしゃったイムンセさんに会ったが、とても喜んでくださった。 保険会社の広告を一緒に撮ったが、以後、私に注目していらっしゃったとおっしゃって、本当に有難かった。

ドラエモンが本当に狂うように好きだ。撮影場で女性スタッフたちが、ドラエモンに関することさえ見つければ、すべて私に持って来てくれる。

マンガは年をとるとあまり読まなくなったが、まだアニメーションは好きだ。機械がといも好きで、ガンダムシリーズも好きで。私、少しオタク的な面があるようだ... しまった!

大学通う時おびただしいシナリオを書いた事がある。「Backman」というのは「Bicycle Man」の略語だ。悪党は常に「刑事 ガジェット」のクロー博士のように、手だけ登場するが、きれいな熊石の指輪をしているという式だ。本当に笑わせた設定が多かった。私が監督、兼主演で撮ろうと思ったが、 たまたま「タチマワリ」がインターネットで出てしまった。悪党が自転車乗って登場して‘チロンチロン’と、それすべて私が先に使ったのに... 惜しいが、どうすることもできず、すぐ撮影を止めた。

模範としたい俳優はファンジョンミンさんだ。キムミョンミン先輩も「お熱いのがお好き」の時から本当に好きだった。俳優というのは、当然一つのイメージに縛られるよりは、多様な役を皆消化することができる変身が可能でなければならないと思う。

人々が私が結婚していると思っている。 甚だしくは子供もいると思っていた。 周辺では“ヒョンが結婚生活の演技が上手だからだよ”と慰めてくれるが、私がそれほど枯れたように見えるのか?実際は恋人もいない。その理由は忙しかったり.... 忙しいからだ。ふぅ〜。

文/ユンヒソン (nine@10asia.co.kr)
写真/チェギウォン(ten@10asia.co.kr)
編集/チャンギョンジン (three@10asia.co.kr)

[10asia]2009.02.25
posted by rika1999 at 07:22| ■TOPICS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

シムヒョンタク昇進順位NO.1、用意された模範社員

sh1.jpg sh2.jpg sh3.jpg

ef20090225083201_002003_[W850xH567].jpg

誰もが彼の顔を知っている。しかしそこまで。
「私が演じた人物は記憶していても、それがすべて私だとは思われないようです。キャラクター変化がとても大きいからなのか。」という彼の言葉のように、実は俳優シムヒョンタクを説明する事は易しくない。

MBC「それでも好き」を思い浮かへれば、彼は怒りの化身ユンソクビンで、MBC「クク島の秘密」で彼は会社員メロの真髄を見せたシムヒョンタクだった。そうかと思えば、KBSドラマシティ「シーッ! そこに、天使」で彼は頑固な顔で、切々たる憐愍を汲んであげたオリュだったし、甚だしくは2002年放送されたMBCベスト劇場「恋人たちの昼食」では同性の恋人を忘れることができないジョンフでもあった。そして今、シムヒョンタクはKBS日々ドラマ「家に帰る道」で、長男と家長としてストレスを受けながら生きて行く生活型医師ユミンスを演じている。

説明書と演習で説明される男
sh320090224163933_7.jpg
「クク島の秘密」(左)から「家に帰る道」まで、
シムヒョンタクは日常性を演じる時に引き立った。

まったく共通部分は見つけることができなさそうな役の数々を縦横無尽にこなすうちに、彼は三十を越した。公益勤務要員として軍生活も終えた。3年間の空白は恐ろしかったが、復帰1年前からは運動と演技演習をして、俳優としての感を失わないためにしっかりと準備した。努力で解決することができない問題はないと信じるからだった。撮影まで二日残して「家に帰る道」のシナリオ15冊を受け取った時も、シムヒョンタクは躊躇うことなく所属社の演習室に向かった。そして、毎食事をジャージャー麺で済まし、撮影直前までシナリオを読破した。
「他の方々は2ヶ月前から準備していらっしゃったのでしょうが、私が時間に追い付く方途が他にありませんでした。今後も日々劇の呼吸に付いて行こうとすれば、ずっと演習室に暮らさなければならないようです。実は、私の部屋には宝物1号の大型TVからホームシアター、各種ゲーム機がすべて具備されているんです。コンピューターも二台もあって、面白いものがあまりにも多くて演習をするためには家の外に出なければなりません。」

演技だけではない。自らを“疲れる性格”と称するほど、シムヒョンタクはすべての事をきちんきちんと始めから積み上げて行くタイプだ。いつもコンピューターを直してくれた友達が、思わず投げた面責に刺激を受けて始めたコンピューターの勉強は、かなりの組み立てと修理を直接するほどに精通したし、学生時代の友達が‘METALLICA’も知らないのかとからかった時は、雑誌やレコードを全部買って音楽情報を丸ごと覚えてしまうほどだった。
「携帯電話を買えば、使用説明書を初章から几帳面に読むんです。 ‘スタークラフト’を始める時も、関連本を購入して1枚広げて種族たちに対する勉強から始めた位ですから。」もうモデルの仕事をしていた22歳の年に演技を体系的に学ぶために、水原大演劇映画科に入学したことも、言論と放送に対して知りたいという欲望を具体化するため、東国大新聞放送学大学院に志願したことも皆、そんな厳しさから始まった選択だった。

“シンヒョンタク、シムヒョンタック、キムヒョンタク... シムヒョンタクです!”

そのためだろう、酷い演習虫であるシムヒョンタクの演技が一番輝く瞬間は、彼が生活に密着した現実的な人物になる時だ。劇的な設定の助けがない時、演習で余白をいっぱい満たし入れたシムヒョンタクのキャラクターはより一層明らかになる。これに加えて「デビュー後、ずっと私が家の家長です。妹を嫁がせ、軍を除隊し終わると、通帳の残高が0になっているんです。これからは、休みなく働く俳優になりたいです。」という真率な告白まで聞くと、日常にしっかり足を付けて責任感で演技をするこの男の顔は、より一層鮮かになる。しかし、まだ鮮かではないことが一つあるとすれば、それは彼の名前。
「それなりに除隊後、活発に活動をしたと思うのに、記者様たちが私の名前をしきりに間違って悲しいです。この前もKBS'演芸街中継'でシンヒョンタクで出ました。他の記事でもシムヒョンタク、キムヒョンタク... 多様に違うんです。」
シムヒョンタク、三つの字を正確に憶えたら、もうあなたはその男の 1枚を広げたわけだ。 終りを知らないこの男の話は、今まさに始まった。

文/ユンヒソン (nine@10asia.co.kr)
写真/チェギウォン (ten@10asia.co.kr)
編集/イジヘ(seven@10asia.co.kr)

[10asia]2009.02.25
posted by rika1999 at 20:21| ■TOPICS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

'チョヨジョンの男' シムヒョンタク "適応するために汗を流しました"

日々劇「家に帰る道」15のシナリオ、一遍に消化 'ハッハッ'
もう妻役チョヨジョンと呼吸テキパキ…芸能の神童だそうです…
coming200902250051490.jpg
俳優シムヒョンタク(31)は紆余曲折の挙句、KBS-1TV日々劇「家に帰る道」の主人公ユミンス役を占めた。おおよそ三名の男優たちが有力な候補に上がりながら、行き違った。

シムヒョンタクは結局、四番目でユミンス役に指目され、一番遅れてドラマに合流した。シムヒョンタクは初撮影から難関に逢着した。おおよそ15のシナリオを一遍に受けとった為、NGを二十回以上投げ捨てた。

「演技がお上手だと言われている俳優ソンガンホ、ソルギョング先輩でも二日でキャラクターを作って行くのは、とても難しいでしょう。 シナリオを受けて二日夜を明かし、所属社の演習室でキャラクターを作って行き、演技演習をしました。しかし、初撮影をとても大変にさせたから、撮影スタッフたちからの心配の声もたくさん聞きました。

シムヒョンタクは当時の状況を説明しながらも、全然残念がらなかった。もうサッサと振り払ってしまって久しい。心の中に自分ができなかった良くない記憶だけ抱えているには時間がなかった。信じられるのは自分の経験だけだった。彼はもうMBC朝劇「それでも好き」を30%台の視聴率で引き上げた主役だったし、MBCシットコム「クク島の秘密」で演技変身に成功したりもした。

シムヒョンタクは「それでも好き」で俳優キムジホ、イチャンフンら貫禄ある俳優たちと呼吸を合わせて、全然劣らない演技を繰り広げた。その結果、「家に帰る道」に最終指名された時、俳優ハンジニは制作陣に「(シムヒョンタクは) グッドキャスティングだ。<それでも好き> 後半部は、シムヒョンタクが皆導いて行った。」と言ったほどだ。シムヒョンタクはパクジニと「それでも好き」で父子間で出演した。

シムヒョンタクは当時、熱心に演技した実力を遅ばせながら認められ、「家に帰る道」に成功的に安着した。このドラマは現在平均20%台の視聴率を維持している。

「<家に帰る道>で妻で出演するチョヨジョンとの呼吸は100点のようです。こんなに息が合った場合もなかったと思います。」

シムヒョンタクは「家に帰る道」で総合病院を運営する家の長男で出演中だ。 劇中、20代初盤の幼い年令で、現在妻チャンミリョン(チョヨジョン)に出会って結婚、既に子供が二人いる父親役を消化している。

「これまでドラマで性格が極端的だったり、無愛想だったりしました。実際の性格もそうではないかと思う方々が多いです。実際には真剣というよりコミカルなスタイルです。この間MBCの芸能番組<我が娘の男>に出演したが、MCのキムヨンマンが私に'バラエティー界の神童'とおっしゃいました。ハハ」

カンウニョン記者 kiss@sportshankook.co.kr
写真=キムジゴン記者 jgkim@sportshankook.co.kr

[スポーツ韓国]2009/02/25 07:53:37
posted by rika1999 at 17:12| ■KBS-1日々劇「家に帰る道」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シムヒョンタク“私も一時はモデルでした” (インタビュー3)

モデルライン45期同期のイジョンジンと日々劇で正面対決
24154918578_60800030.jpg
KBS-1TV帯ドラマ「家に帰る道」に出演中の演技派俳優シムヒョンタク(32)が、過去にモデルとして活動したと明らかにした。

シムヒョンタクは最近、ノーカットニュースとのインタビューで「去る1997年、モデルライン45期でデビューして専門モデルとして働いた。当時、同期の中でイジョンジンとオクジヨンが演技者として活動している。」と話した。

シムヒョンタクは「オクジヨンとイジョンジンはモデル活動をしていた時は勿論、演技者として専業後にも脚光を浴びたが、私は大きい活躍を繰り広げることはできませんでした。」と冗談を言った。

現在、イジョンジンはMBC日々ドラマ「愛してる、泣かないで」に出演中だ。シムヒョンタクは「過去にはイジョンジンが私よりより一層人気が多かったが、今は私が視聴率でもっと先に進んでいる。」と照れくさがった。

シムヒョンタクは今出演中の「家に帰る道」に対して、「'家に帰る道'は視聴者たちに大きい愛を受けていて、私に良い機会になると思います。今まで演技をしながら努力した以上の何倍もの努力を加えたいと思います。」と感謝の意味を伝えた。

ノーカットニュース/チョンフンジン大学生インターン記者mvpjhj@naver.com

[ノーカットニュース]2009-02-24 15:51:53
posted by rika1999 at 16:44| ■KBS-1日々劇「家に帰る道」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シムヒョンタク “一番似ていたい俳優はキムミョンミン” (インタビュー2)

キムミョンミンのキャラクター創出能力に似ていたくて、自分の演技秘法はたゆまぬ演習
24151615078_60800030rytry.jpg
KBS-1TV日々ドラマ「家に帰る道」に出演中の演技派俳優シムヒョンタクが一番似ていたい先輩演技者として、タレントキムミョンミンを指折った。

シムヒョンタクは最近、ノーカットニュースとのインタビューで「キムミョンミンさんが‘不滅の李舜臣'‘Beethoven Virus’で名前を広報前の2001年、‘お熱いのがお好き’というドラマに一緒に出演した事があります。その時もキムミョンミンさんはキャラクターを理解し、これを新たに創り出す能力が優れた俳優でした。それに人間的な面貌も立派でした。」と評価した。

デビュー12年目であるシムヒョンタクは、キムミョンミンのような演技派俳優になるために絶えず努力すると言った。彼は「企画社にある演習室が私とマネージャーの家。」と冗談を言った。また、「起きて一番先にシナリオを探す。」と話して、基本に充実なのが重要だと強調した。

シムヒョンタクは現在出演している「家に帰る道」の撮影場でも、先輩俳優たちの演技を見守ったり、シナリオ演習をしながら自分の演技を発展させていると話した。 彼は自分の演技秘法として「自分が引き受けたキャラクターを愛さなければならないし、それでこそ、そのキャラクターを消化することができる。」と打ち明けた。

一番引き受けたい役を問うと「特別に引き受けたい役はない。ただ与えられた役に最善を尽くして演じたい。」と、現在引き受けているミンス役に最善を尽くすと伝えた。

ノーカットニュース/キムドングン大学生インターン記者like-ivy@hotmail.com

[ノーカットニュース]2009-02-24 15:52:25
posted by rika1999 at 16:32| ■KBS-1日々劇「家に帰る道」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シムヒョンタク“スターよりは細く長く演技をしたい”(インタビュー1)

[ノーカットインタビュー] KBSほ1TV日々ドラマ「家に帰る道」主演シムヒョンタク

ti654646.jpg
“ドラマ視聴率50%、自信があります。”

KBS-1TV日々ドラマ「家に帰る道」(シナリオ/チェヒョンスク・パクジスク、演出/ムンボヒョン)の主演シムヒョンタクは、大衆的な人気を享受する俳優ではない。彼の言葉によると“大衆交通手段を利用しても見つける人が珍しい”と言うのは、芸能人よりは‘一般人Force’が強いと言わなければならないのかもしれない。

しかし、彼が出演する作品は話題の線上に立って高い視聴率を記録した。視聴率20%を出入りした朝ドラマ「それでも好き」では、希代の悪役で主婦視聴者たちの愛憎を一身に受けたし、マニアたちの全幅的な支持を受けたシットコム「クク島の秘密」では不器用なブランド族で大きい笑いを抱かせた。

この位なれば、視聴率50%を自負するというシムヒョンタクの発言が社交辞令ではなさそうだ。シムヒョンタクは「制作発表会の時も言い放ったが、少しずつ波動が生まれるでしょう。たぶん、前作‘君は我が運命’より早く反応が来るのではないかと思う。」と話した。

作品ごとに多様なキャラクターを披露してきたシムヒョンタクは、今回のドラマで平凡な大韓民国の30代の家長の自画像を演じる。彼が演じるミンス役は、医大在学中に一時の過ちでガールフレンドを姙娠させ、結婚にゴールインした人物。あまりに早く結婚したせいで、妻に少し無関心で、自分だけの趣味であるゲームに沒頭する。

「また悪役ではないかという指摘もあるが、悪役ではありません。妻を愛していないわけではないが、長年の結婚生活に疲れて倦怠を感じる平凡な30代の家長であるだけです。多分、男性視聴者たちは自分の姿を見るような感じに、また女性視聴者たちは自分の夫みたいな姿に共感するはずだと思います。」

劇中、ミンスが趣味でゲームに沒頭する姿は、シムヒョンタク自身の姿でもある。シムヒョンタクは周りも認めるEarly Adopter(アーリーアドプター/新しい商品やサービス、技術や知識、ライフスタイルなどが登場したsg、早い段階でそれを購入・採用・受容する人々(層)のこと。)で、かなりのゲームは渉鮮したという。最近沒頭するゲームは任天堂アイスブルーボックス。オンラインゲームは‘廃人’になるのではないかと心配で止揚する方だと言う。

◆私の人生のターニングポイント「それでも好き」

24145800062_60800030.jpgシムヒョンタクが俳優として名を知らせるようになったきっかけは、 MBC朝ドラマ「それでも好き」だった。「それでも好き」は刺激的な設定でいわゆる‘マクジャンドラマ’のスタートという不名誉な荷札をつけている。しかし、シムヒョンタクは「‘それでも好き’は私の人生のターニングポイントです。」と言って誇らしがった。

「私はデビュー12年目です。軍除隊後、演技がしたくて闇雲にお金を蓄え、水原大演劇映画学科99学番で入学しました。しかし、自分の名を知らせるに値する作品に出演するのが易しくありませんでした。‘それでも好き’への出演後、人生が変わったのです。何の演技経験もなかった私を信じて‘君がしたいとおりにしてみなさい’と押してくださったキムホサン監督様のおかげで、今日のシムヒョンタクがあり得ました。‘クク島の秘密’も‘それでも好き’を視聴した作家たちが強力に推薦して下さり、キャスティングして貰えたのです。」

あいにくにも「家に帰る道」の競争作であるSBS「妻の誘惑」の作家が「それでも好き」の筆を執ったキムスノク作家だ。二つの作品は同時間帯には放送されていないが、各放送社を代表する日々ドラマ。それにMBCの同時間帯に放送されるMBC「愛してる、泣かないで」の主人公イジョンジンはシムヒョンタクのモデルラインの同期だ。

「‘妻の誘惑’と‘愛してる、泣かないで’共面白くて良い作品だと思います。特に感情を一つ一つ現わす‘妻の誘惑'は、複雑なことを楽しまない最近の視聴者たちのコードに符合するようです。‘愛してる、泣かないで’ではジョンジンがやっぱり良い演技を繰り広げているし。お互いにウィンウィンするべきでしょう。」

ウィンウィン戦略のためのシムヒョンタクの秘法は‘演習’だ。一時彼は所属社GNGプロダクションに簡易ベッドを用意し、そこで宿泊を解決し、演習をした演習の虫で有名だった。

「もうやっと私の名前三字を知らせただけです。スターになりたい欲心はありません。視聴者と監督様に良い俳優と記憶される、細くて長く行く演技者で残りたいです。」
24145950687_60800030.jpg


ノーカットニュース放送芸能チーム/チョウンビョル記者mulgae@cbs.co.kr

[ノーカットニュース]2009-02-24 15:52:17
posted by rika1999 at 16:17| ■KBS-1日々劇「家に帰る道」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[Shall We Talk]シムヒョンタク、“ドラマのために、我が人生を捨てました”

ghrytryry.jpg
“ドラマが終わるまでは、我が人生を捨てる事にしました。”

タレントシムヒョンタクは‘あらゆる機械を愛する’と自慢する位、各種機械に対する関心が高い。オーディオシステムは勿論、コンピューターのアップグレードも一人でさっさとやりこなす。余暇時間がある時なら、コンピューターゲームにすっかりハマって過ごしたりする。

しかし、KBS日々劇「家に帰る道」に出演するようになってシムヒョンタクは、自分が好きなすべてのものたちと断絶宣言をした。理由はひたすらドラマにだけ集中するためだ。

「自分だけの信念が強い方ですが、ドラマを始めてすべての機械のコンセントを皆抜きました。機械を触ったりゲームができなくて禁断症状が現われる時もあるけれど、崩れることを防止するためには甘受しなければならない分け前のようです。何かをするためには、体系的にしなければならないという考えを持っていて、より一層そうなんです。

シムヒョンタクは「家に帰る道」でピョンファ病院の整形外科専門医と同時に、事実上の経営者であるユミンス役を引き受けた。'仕事中毒’というほどに、患者の治療にも熱心で、なんとしても病院を正常化させるという意志が確固な現実主義者だ。
ti.jpg
「現実主義者という設定は実際の私の姿と似ています。金離れが荒くなく、合理的に物事を解決しようと努力します。それで演技をするのが楽な方です。しかし、突然に出演するようになって、初盤は少し下手でもありました。それでも、これからは慣れただけに、徐々にドラマに自分の姿が溶け出しているようです。

演技者として正しく真っ直ぐで落ち着いたイメージを構築して来たが。シットコム「クク島の秘密」と芸能「我が娘の男」を通じて、少しは重みを脱ぎ捨てもした。「クク島の秘密」で演じたキャラクターが一番自分と近く、演技だけではなく芸能番組への出演にも自信感を見せた。「芸能で新しい自分を見つけることができました。それだけ芸能にも欲心があります。」と堂堂と言った。

シムヒョンタクは10余年前、広告モデルとして芸能界に足を踏み入れた後、多数の作品に出演した。多少ゆっくりした歩みに心忙しさがあるようだったが、意外に未来の自分に対しては素朴な念願を持っていた。演技をいる人々は、普通は演技力を認められたがるものと決まっているが、シムヒョンタクは「演技の演習を本当に狂ったように熱心にするという話を聞きたい。」と望んだ。そうでなければ、自らに正当ではないという理由からだ。シムヒョンタクの携帯電話の初期画面に使われた‘謙遜100%、努力100%’という文句が、彼の強い意志を証明した。

文/パクジュンボム・写真/イソクウ記者

[sports.khan]2009年 02月 22日 18:53:36
posted by rika1999 at 15:27| ■KBS-1日々劇「家に帰る道」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

[インタビュー]新人より勢いある8年目シムヒョンタク、芸能人です?

2009020411221955574_1wr.jpg
Q. "自分が芸能人だという自覚は忘れていますか?"
A "あ〜、ほとんど忘れて暮しています。"

Q. "人々の視線は気にならない?"
A. "'コッナム' な子たちが浮かんでこそドッと追われるのであって、僕が行くと人が殺到するんですか?僕は気楽だったのに…寧ろ一渡くらいはそういうのも良いでしょうね。(笑)"

あなたは私の知っているシムヒョンタクではない。私の知っているシムヒョンタク、彼はたまには不器用そうな面を見せたりもしたが、少しのウィットがあり、むしろ冷徹な人だ。181cmの身長、モデル出身で忙しさにも忘れないで管理するというスラリとした身体がセクシーできわまりない人だった。ところであなた、私の目の前でたまには 'ハハ' と力強く大きい笑いを噴き出して、たまには耳まで赤くなりながら恥かしがる、あまりにも人間味あふれる素朴なあなたは、一体誰だというのか?

"そのまま運が良くて、毎度良い人々に出会ったと思います。良い機会に会いました。'クク島の秘密' 時も、 'それでも好き' の時も、チャンスと思って熱心にしました。 勿論、 '家に帰る道'もチャンスと思っています。次の作品もそうです。 常に初心を忘れず、いつも今がチャンスという気持ちで臨もうと思います。"

シムヒョンタクは96年に芸能界に初めて足を踏み入れた後、97年、モデル生活をした。そして99年、再び修学能力試験をを受け、水原大演劇映画科に入学、以後3年間勉強したことを土台に2001年、ドラマデビューした。96年、初めて顔を出してからいつの間にか芸能界に入って13年目、ドラマデビューした時点で計算してももう8年目だ。もう派手な芸能界に染まるほど染まった時間だ。

しかし、彼は相変らずバス、電車に乗って何気なく行き来する素朴さを誇る。あまり乗らずに'仕える' 車も、断種された状態で走行距離だけ10万kmが過ぎたし、およそ3〜4年間は服一着も買わず、着たことのある服をずっと着ていた。

一歩遅れて知ったマネージャーたちが寧ろびっくりし、 "どうして一人で行き来するのか、たまにはちょっと一緒に行き来しよう"、"連絡くらい少ししなさい"と言えば、 "忙しいでしょうに、それで何を連絡するのか"と手を横に振る人だ。話すほどにぽつりぽつりと落ちる人間味に、若い芸能人らしい派手な味はない。ルックスは派手なトレンディ劇なのに、話すフォームや内容は '6時我が郷土'だ。
2009020411221955574_2.jpg
"荷物をいっぱい背負って、スシ詰めバスに乗った事があります。地下鉄に乗り換えするつもりで交通カードを取って降りようとすると、故障しているんです。 私がどうして自分のお金900ウォンを再び出さなければならないのでしょうか?それには堪える事ができない。結局、人々を皆かきわけ、ひけからまた行ってカードを取って降りました。その日、'私も芸能人だが、俳優なのに、自分がどうしてこうなんだろう?'と考えるんです。"

シムヒョンタクが明らかにした '自分が芸能人だという自覚が生まれた瞬間'だ。常識的には見つけてサインしてくれという人々に 'そう、 私もスターだ' と思うところが、"そんな時は、ただサインします"と取るに足らず言う。"顔も知られた芸能人が、電車にどうしてたびたび乗るのか"という質問には「移動するのに、それじゃ何に乗るんですか?」と、当たり前のように訪ねる人物だ。話すほどに幻想を壊す。ところが、その壊れた幻想が残念というよりは、壊れて広がった空間を寧ろ、好感がよりいっそう堅く補う。

この日のインタビュー始終、一番多く使った単語は "意外"だった。「意外ですよね」「意外に」「思っているのとは違って」という単語を繰り返した。そして、この意外にはシムヒョンタクの最近出演中の KBS-1TV「家に帰る道」出演記も属している。先立って翻覆した出演決定者たちから明け渡されたユミンス役を引き受け、撮影3日前に初シナリオを受けた。意外の連続だった。

「与えられれば、与えられるままに合わせて熱心にするのが俳優だとと思います。 'できません'と言って選り分けるのは俳優ではないと考えます。それは無名の時からそうして来たし、そうだったから今まで堪えることができたのだと思います。」

シムヒョンタクは「話にもならないほど楽だ。」と言うパートナー、チョヨジョンと共に、撮影がない状況でもセットを去らず、付いて座って演習を続けるという熱意を燃やす。「日々劇の長所は、演じながら自分のキャラクターをずっと作って行くことができるということ。」と話し「どうせなら、我々のカップルが面白く近付くことができたら良いと思う。」という欲心を密かに現わしたりもした。

「'クク島の秘密'をしてとても苦労して、終われば狂ったように休むと言いました。ところが、およそ15日休んだでしょうか、身体がムズムズしてまた働きたかったんです。やはり俳優だな、私は演技をしなければならない人間だなと感じました。それで今がとても幸せです。仕事が続いて来たでしょう?今後もこの幸せを維持するのではなく、もっと大きい幸せを作って行こうと思います。」

シムヒョンタクは「もう出発だ。 釜山行きで、KTXでもないハト号に乗ってもう始動した。」と、暖かいながらも無茶な姿である一方、新人より勢いある新人の姿勢を見せた。自らも自分が芸能人だという自覚はできないという彼だが、確かに内面は誰が何と言っても俳優、芸能人だった。


チェムンジョン記者

[star.moneytoday]2009/02/04 11:29
star.moneytoday
posted by rika1999 at 17:12| ■KBS-1日々劇「家に帰る道」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。