2009年01月07日

【「家に帰る道」制作発表会】日々劇終車に乗ったシムヒョンタク "ユンサンヒョンがメールで激励"

200901071532421001_1ry.jpg
俳優シムヒョンタクが繰り返されたキャスティング変更の挙句、KBS- 1TVの新しい帯ドラマ「家に帰る道」に合流するようになった所感を明らかにした。

シムヒョンタクは7日、ソウル汝矣島KBS新館国際会議室で開かれた「家に帰る道」(シナリオ/イグムリム・演出/ムンボヒョン) 制作発表会に参加して、「前に三人の方々がこの役を経て行ったが、熱心にしてその方たちの分までするように努力する。」と話した。

シムヒョンタクはこの日「どん詰まりに合流するようになって、31日にシナリオを受け取った。」「シナリオを受けてから家にも帰らず、演習室でずっと夜を明かした。他の人々は2ヶ月、キャラクターを身につけて来たが、私は8ヶ月分を5日余りで準備しなければならなかった。」と苦情を吐露した。

引き続き「初撮影に入って行く前まで、俳優たちに会ったことがなくて残念だった。現場で初めて会っただけに、迫って急な時間を過ごさなければならなかった。」「初盤はキャラクターを取る時期と考えて、もっと努力しようと思う。」と答えた。

シムヒョンタクが今回のドラマで、33歳の冷たくて冷情な医師であるユミンス役を引き受け、表では完璧な家庭を立てて暮しているものの、内実はただ課題のような結婚を維持してばかりいるだけの人物だ。
200901071617595435515A_1.jpg
シムヒョンタクのキャスティングがもっと関心を集めたのは、それに先立ちユンサンヒョン、オムギジュン、ハンサンジンらの出演が挙論されて霧散されたという点だ。劇中、夫婦を演じるようになったチョヨジョンは、ユンサンヒョンら3人と皆シナリオ演習をしたりもしたという。

チョヨジョンは「心細くて初撮影前日、事前リーディングをしようと約束して別に会った。ところが、本当に早い時間内にやり遂げていた。」「セット録画の日の朝にリーディングしたのと、セット録画に入って行ってしたのとも違っていた。ぱっと良くなった。」と話した。

シムヒョンタクは「'クク島'の時のユンサンヒョン同様にした。昨日、メールを取り交わした。」「'熱心にしろ'と応援してくれた。 私も "ヒョンの分まで熱心にする"と言った。」と話した。

引き続き「初セット録画を終えたが、とても良かった。終わるまで楽しく出来るようだ。」と明らかにする一方、「'家に帰る道'はすべてのキャラクターがよく構えられている。これで力を出して、視聴率 50%を睨むこともあるようだ。」と高い期待を現わした。

一方、「家に帰る道」は複雑な現代を生きて行く家族の間の断絶と疎通、和合を前提に、総合病院を運営する家を背景にした伝統的家族ドラマだ。 イサンウ、チョヨジョン、シムヒョンタク、チャンシニャンらが出演するドラマで、来る12日、「君は我が運命」後続でスタートする。

チェムンジョン記者

[star.moneytoday]2009/01/07 17:38


posted by rika1999 at 23:31| ■KBS-1日々劇「家に帰る道」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。