2007年09月24日

公益勤務を終えたシムヒョンタク「演技をしたくて死ぬかと思った」

pho_200709210924440201000002010400-001.jpgタレントシムヒョンタクが共益勤務要員の服務を終えるやいなや、目立つように素早い演技の歩みを見せている。

シムヒョンタクは去る7月に召集解除になるやいなや、テハン生命ゴールドエイジプランのCFを通じて、視聴者に復帰の挨拶を申し上げると、KBS-2TVドラマシティ「シーッ!そこに、天使」とMBC-TV朝劇「それでも好き」などのドラマに相次いでキャスティングされ、忙しい演技活動の中に身を投げ出している。3年近くの空白期間を、まるで演技活動再開の為の準備で送ったような印象だ。

「公益勤務期間の間、演技をしたくてたまらないと思いました。勤務地である瑞草区役所には、私が演技者という事実を隠していました。 公務員たちと平凡な生活をしてみると、演技に対する喉の渇きが酷くなりました。ところが、周りでは私が演技者ということを本当に知りませんでした。入隊前の私の活動が大変不足だったと反省したのです。」

シムヒョンタクは軍服務前とはとても変わった姿だ。楽で善良に見えた顔は、線と角がハッキリした強い印象になったし、体つきも筋肉質に変わった。新しい出発に対する固い意志と共に、成熟した男性美が感じられる姿だ。

「召集解除を控えた3ヶ月間で10キロ以上減量して筋肉を育てました。 少し垂れた目つきの為に懦弱に見えて、強いイメージを著しく表わしたかったです。'シーッ! そこに天使'で上着を脱ぐ場面があり、ちゃんと筋肉を誇示する機会を得ました。見るに値したという評価でした。」

強く変わった彼のルックスは、「それでも好き」で如実に反映される。彼は劇中弁護士で、復讐の為に事業家へと変身する冷酷なキャラクターを演じる。 親の愛を独り占めした兄(イチャンフン)に対する嫉妬心で、事業と愛で兄を引きずり落とす為に労力する。

「私に多い顔があるという評価を受けるのが目標です。さまざまな姿をお見せ出来る演技者になりたいのです。 'それでも好き'は、私にはその第一歩になる作品です。」

イドンヒョン記者 [kulkuri7@jesnews.co.kr]
写真=イヨンモク記者 [ymlee@ilgan.co.kr]

[日刊スポーツ]2007.09.21 09:25


posted by rika1999 at 20:41| ■MBC朝ドラマ「それでも好き」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シムヒョンタク「人々が見知らないで悲しかった」

33793_1gfdgd.jpg
来月1日スタートするMBCの朝ドラマ「それでも好き」に出演するタレントシムヒョンタクが、これまで放送を休んでいて経験した苦情を打ち明けて視線を集めた。

20日午後、汝矣島63ビルエリーゼーホールで開かれた「それでも好き」の制作発表会が終わった後に持ったインタビューでシムヒョンタクは「共益勤務要員で召集解除され、放送を休んでいる間にバスに乗っても、地下鉄に乗っても、人々が私を見知ることはなかった。そのように人々の記憶の中から忘れ去られて行くこと対して、心がとても痛かった。」と打ち明けた。

シムヒョンタクは6年間、無名モデル生活をした。その間、痛い試練もたくさん経験したし、一時は公務員を夢見たりもしたと言う。

今回のドラマでシムヒョンタクは、去る2003年のSBS「ぷータロー脱出」に引き続き、悪役ユンソッビン役を演じる。違う点があるとすれば、「ぷータロー脱出」ではすべての人に仇を討つ悪役だったが、「それでも好き」では劇中、兄(イチャンフン)が実兄だと分かっていながらも悔しさを表出し出す役で、柔らかながら善良なシニカルな悪役という点だ。

シムヒョンタクは「演出を引き受けたキムウソンPDにドラマのキャスティングの為に会った席で、自分の顔を見ると直ちにしようと言った。分かってみれば、私のミニホームページを先に見てから会ったそうだ。軍隊も除隊していないと思われいたようだ。」と伝えた。引き続き「初めは恐ろしい方であると思っていたが、分かってみればそうではなかった。寧ろ、とても繊細な方だ。」と話したりもした。

去る15日放送されたKBSドラマシティで、臓器売買者の役で出演したシムヒョンタクは「これからは演技にたくさん変化を与えようと努力している。今回の役も去る 'ぷータロー脱出'とは多くの部分で伝わる意味が違うでしょう。」と明らかにした。

同時に「除隊後、再びスタートするだけに、死ぬまで演技が天職と思って熱心に働く。人気に拘らず、良い俳優として残りたい。」という所望を淡淡と伝えた。

愛が全てだった主人公が愛情のない結婚を選択して、あらゆる試練と痛みを経験しながら、知恵と粘りで乗り越えて行くラブストーリーを描く「それでも好き」は、来月1日午前 7時 50分スタートする。シムヒョンタクの外にもイチャンフン、キムジホ、コウンミらが出演する。

チェヒョンユ記者yu@osen.co.kr

[OSEN]
posted by rika1999 at 18:50| ■MBC朝ドラマ「それでも好き」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。