2007年09月24日

公益勤務を終えたシムヒョンタク「演技をしたくて死ぬかと思った」

pho_200709210924440201000002010400-001.jpgタレントシムヒョンタクが共益勤務要員の服務を終えるやいなや、目立つように素早い演技の歩みを見せている。

シムヒョンタクは去る7月に召集解除になるやいなや、テハン生命ゴールドエイジプランのCFを通じて、視聴者に復帰の挨拶を申し上げると、KBS-2TVドラマシティ「シーッ!そこに、天使」とMBC-TV朝劇「それでも好き」などのドラマに相次いでキャスティングされ、忙しい演技活動の中に身を投げ出している。3年近くの空白期間を、まるで演技活動再開の為の準備で送ったような印象だ。

「公益勤務期間の間、演技をしたくてたまらないと思いました。勤務地である瑞草区役所には、私が演技者という事実を隠していました。 公務員たちと平凡な生活をしてみると、演技に対する喉の渇きが酷くなりました。ところが、周りでは私が演技者ということを本当に知りませんでした。入隊前の私の活動が大変不足だったと反省したのです。」

シムヒョンタクは軍服務前とはとても変わった姿だ。楽で善良に見えた顔は、線と角がハッキリした強い印象になったし、体つきも筋肉質に変わった。新しい出発に対する固い意志と共に、成熟した男性美が感じられる姿だ。

「召集解除を控えた3ヶ月間で10キロ以上減量して筋肉を育てました。 少し垂れた目つきの為に懦弱に見えて、強いイメージを著しく表わしたかったです。'シーッ! そこに天使'で上着を脱ぐ場面があり、ちゃんと筋肉を誇示する機会を得ました。見るに値したという評価でした。」

強く変わった彼のルックスは、「それでも好き」で如実に反映される。彼は劇中弁護士で、復讐の為に事業家へと変身する冷酷なキャラクターを演じる。 親の愛を独り占めした兄(イチャンフン)に対する嫉妬心で、事業と愛で兄を引きずり落とす為に労力する。

「私に多い顔があるという評価を受けるのが目標です。さまざまな姿をお見せ出来る演技者になりたいのです。 'それでも好き'は、私にはその第一歩になる作品です。」

イドンヒョン記者 [kulkuri7@jesnews.co.kr]
写真=イヨンモク記者 [ymlee@ilgan.co.kr]

[日刊スポーツ]2007.09.21 09:25
posted by rika1999 at 20:41| ■MBC朝ドラマ「それでも好き」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シムヒョンタク「人々が見知らないで悲しかった」

33793_1gfdgd.jpg
来月1日スタートするMBCの朝ドラマ「それでも好き」に出演するタレントシムヒョンタクが、これまで放送を休んでいて経験した苦情を打ち明けて視線を集めた。

20日午後、汝矣島63ビルエリーゼーホールで開かれた「それでも好き」の制作発表会が終わった後に持ったインタビューでシムヒョンタクは「共益勤務要員で召集解除され、放送を休んでいる間にバスに乗っても、地下鉄に乗っても、人々が私を見知ることはなかった。そのように人々の記憶の中から忘れ去られて行くこと対して、心がとても痛かった。」と打ち明けた。

シムヒョンタクは6年間、無名モデル生活をした。その間、痛い試練もたくさん経験したし、一時は公務員を夢見たりもしたと言う。

今回のドラマでシムヒョンタクは、去る2003年のSBS「ぷータロー脱出」に引き続き、悪役ユンソッビン役を演じる。違う点があるとすれば、「ぷータロー脱出」ではすべての人に仇を討つ悪役だったが、「それでも好き」では劇中、兄(イチャンフン)が実兄だと分かっていながらも悔しさを表出し出す役で、柔らかながら善良なシニカルな悪役という点だ。

シムヒョンタクは「演出を引き受けたキムウソンPDにドラマのキャスティングの為に会った席で、自分の顔を見ると直ちにしようと言った。分かってみれば、私のミニホームページを先に見てから会ったそうだ。軍隊も除隊していないと思われいたようだ。」と伝えた。引き続き「初めは恐ろしい方であると思っていたが、分かってみればそうではなかった。寧ろ、とても繊細な方だ。」と話したりもした。

去る15日放送されたKBSドラマシティで、臓器売買者の役で出演したシムヒョンタクは「これからは演技にたくさん変化を与えようと努力している。今回の役も去る 'ぷータロー脱出'とは多くの部分で伝わる意味が違うでしょう。」と明らかにした。

同時に「除隊後、再びスタートするだけに、死ぬまで演技が天職と思って熱心に働く。人気に拘らず、良い俳優として残りたい。」という所望を淡淡と伝えた。

愛が全てだった主人公が愛情のない結婚を選択して、あらゆる試練と痛みを経験しながら、知恵と粘りで乗り越えて行くラブストーリーを描く「それでも好き」は、来月1日午前 7時 50分スタートする。シムヒョンタクの外にもイチャンフン、キムジホ、コウンミらが出演する。

チェヒョンユ記者yu@osen.co.kr

[OSEN]
posted by rika1999 at 18:50| ■MBC朝ドラマ「それでも好き」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

映画俳優シムヒョンタク、熱いテレビ劇場復帰申告!

104_468429_0919ba008.jpg
映画俳優シムヒョンタク(29)が3年ぶりのテレビ劇場復帰の申告を熱く支払う。

去る7月、軍服務を終えた彼は除隊2ヶ月ぶりにMBCの新しい朝劇「それでも好き」の主人公にキャスティングされ、演技活動を再開する。2004年、映画「人形師」の主人公でファンの注目を引き、話題を起こした直後に突然の軍入隊で芸能界を発ってから、いつの間にか3年が経った。広告界も彼の復帰を待ったというように、最近テハン生命‘ゴールドエイジプラン’のCF契約が成事になり、所属社を楽しくしている。

「これまで狂うように演技に喉が乾いていた。」と特別な意欲を燃やしている彼は、来月1日にスタートする連続ドラマ出演に先立ち、15日放送されたKBS2ドラマシティ「シーッ!そこに、天使」を通じて、先にウォーミングアップした。劇中で不法臓器売買仲介人として出演し、慢性腎不全患者と出会ってロマンスを繰り広げる熱演を繰り広げて、視聴者たちの好評が溢れた。シムヒョンタクもモノドラマ(一人の俳優で成り立つドラマ)でも撮影するように、総90余りの場面の中で85場面を消化しなければならない程、出演分量が多かったので、演技に対する喉の渇きを心置きなく解くことが出来た。

軍服務を終えた多くのスターたちのように、彼もやっぱり生まれ変わったように固い覚悟と一層成熟した男性美を漂わせる。彼は「軍入隊の前の20代に経験した芸能活動は皆忘れた。軍服務による空白を、新しい出発のきっかけにして新人のように再び始める。」と、身に付いた‘軍気’を誇示した。芸能兵士たちが経る必須コースである体重減量にも玉の汗を流し、最近3ヶ月の間おおよそ15kgを減量し、復帰の準備を終えた。山登りとフィットネスで作り出した滑らかな上半身の筋肉は、ドラマシティ「シーッ!そこに、天使」で暫く露出し、視聴者たちの感嘆を催したりもした。

彼は「朝劇のせいか先輩たちが多く、除隊後の復帰作なのに相変らず末っ子だ。しかし、監督様は主婦たちがたくさん見る朝劇の特性上、おばさんファンを捕らえる私の役目が重要だと力を加えて下さった。」と意欲を仄めかした。

キムドフン記者 dica@

[sportsseoul]2007/09/18 12:15
posted by rika1999 at 22:51| ■MBC朝ドラマ「それでも好き」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

シムヒョンタク除隊申告!3年ぶりにブラウン管に復帰

200709151409521114_1.jpg
俳優シムヒョンタクが3年ぶりにブラウン管に復帰する。

去る2005年、軍の服務の為に暫くブラウン管から姿を隠したシムヒョンタクは、15日放送されるKBS-2TVドラマシティ「シーッ! そこに、天使」(シナリオ/チョジョンジュ・演出/ユヒョンギ)を通じて復帰をはかる。

「シーッ! そこに、天使」は腎臓が必要な女と不法臓器密売をする男の独特のラブストーリーを描いたノワール感覚の血の色メロ物だ。 シムヒョンタクは劇中、一方の腎臓を売った後、不法臓器売買組職に入って行き、下積み人生を生きるオリュ役を引き受けた。詐欺を働くつもりでウノク(ハンナヨン)と婚姻届まで出すが、自分と似ている境遇であることが分かるようになった後、犠牲的な愛を見せる。

特に今回の作品はシムヒョンタクの軍除隊後初の復帰作という点で意味深い。シムヒョンタクは「感が落ちはしていないかととても心配したが、あまりに作品が良くて、沒入するのに難しさはなかった。」「台詞があまりなく、表情ですべての感情ラインを処理しなければならなくて大変な撮影だったが、3年ぶりに自分の演技を直接見ると考えると、既に緊張もして期待も大きい。」と伝えた。

一方、シムヒョンタクは1996年、モデルとして入門し、MBC日曜朝ドラマ「愛を予約して下さい」、SBS「野人時代」「ぷータロー脱出」と「ベスト劇場」「男と女」など、多様な作品を通じて俳優への立地を固めた。 2004年、映画「人形師」を通じてスクリーンデビュー式も支払った状態だ。

[写真提供 = GnG プロダクション]

コホンジュ記者 cool@mydaily.co.kr

[mydaily]2007-09-15 14:26:09

シムヒョンタク、軍除隊後初の復帰作はドラマシティ "一幕物だけ15編に出演"

200709151210031116_1.jpg
俳優シムヒョンタクが軍体液後3年ぶりに帰って来る。

3年という長い空白期間 '狂ったように' 演技に咽が渇いたというシムヒョンタクは、去る2004年に放映されたKBSドラマシティ「キムドンジュンが住む町」という作品でブラウン管を去った時のように、軍除隊後の初復帰作として違わず、一幕物を選んだ。15日放送されるドラマシティ「シーッ! そこに、天使」(シナリオ/チョジョンジュ・演出/ユヒョンギ)がまさにその作品だ。

「一幕物ですか?皆合わせれば15編程出演しました。"
200709151210031116_2.jpg
SBS「男と女」とMBCベスト劇場、そしてKBSドラマシティまで、各放送社の一幕物という一幕物は皆渉猟した彼だ。勿論、SBS「プータロー脱出」「人形師」などのドラマ・ 映画でも名前を馳せたところだが、一幕物出演を好む特別な理由でもあるのだろうか。

「一幕物の魅力は起承転結が明確だということです。それだけ沒頭することが出来る与件になります。一幕物を通じて '一本'する監督様と相談しながら演じることが出来るという長所もあり、そういうことが一幕物の魅力ではないでしょうか?」

今回出演するようになった作品はノワール感覚の血の色メロ物だ。腎臓が必要な女と不法臓器密売をする男の独特のラブストーリーを描いた、それこそ独特の作品だ。

「大変に撮影しました。総90シーン程で85シーンを撮影しましたが、台詞はほとんどなく、すべてを表情で表現し出さなければならなかったからもっと大変でした。」

ふと見れば、正しいイメージだが、彼の顔からは多様な色が醸し出る。今回の作品では、過去に腎臓を売った後、不法組職に入って行き、下積み人生を生きるようになる臓器不法売買組織員オリュ役を引き受けて熱演した。慢性腎不全患者であるウノク(ハンナヨン)に出会い、愛するようになって犠牲まで甘受するシムヒョンタクの '悲しい演技'が観戦ポイントと同時に圧巻だ。

シムヒョンタクは今回のドラマシティのシナリオを受け取った時、役を消化することが出来なければ、KBSに二度と足を踏み入れる事が出来ないかも知れないという極端的な考えまでしたと言う。それほど、役の比重も大きく、複合的な演技を駆使し出さなければならない負担があったという話しだ。

「3年ぶりに私が演じるのを初めて見るようになるが、既に緊張しますね。1時間前からTVの前に座って待ちますよ。ビール1缶と共に。」
200709151210031116_3.jpg
シムヒョンタクは10月1日スタートするMBCの新しい朝ドラマ「それでも好き」にキムジホ・イチャンフンらと共にキャスティングされた。彼の復帰を待っていたというように、広告界からもラブコールが絶えていない。

「'狂ったように演技がしたかった'という気がする程に、当分は他の事に拘らず、演技にだけすべての熱情を降り注ごうと思う。」

コホンジュ記者 cool@mydaily.co.kr

[mydaily]2007-09-15 14:24:23

2007年09月14日

‘千の顔’シムヒョンタク、朝ドラマで復帰

200709140926252100_15735.jpg
‘千の顔’シムヒョンタク(30)が帰って来た。2年2ヶ月間の軍服務を終え、MBC-TV新しい朝ドラマで視聴者たちを訪ねる。

シムヒョンタクを見ていると、‘千の顔’という言葉が自然に全身から感じられる。表情によって、角度によって、または感性によって顔自体が変わるカメレオンだ。もしや誰かに似ているかと詳しく眺めてみれば、似ている顔が大量に零れ落ちる。チョジェヒョンの姿が漂っているようでありながらも、チジニの顔が一瞬過ぎ去り、微笑む時ならばクォンヘヒョの姿もチラつく。演技が上手だと噂の俳優を一度に座らせて話すようだ。

2005年5月に入隊し、去る7月初めに軍服務を終えたシムヒョンタクは、 MBCの新しい朝ドラマ「それでも好き」にキャスティングされた。除隊後2ケ月ぶりに、まるで待っていましたというように作品活動を始めた。実のところ、シムヒョンタクという演技者の顔を見れば、どの監督でも食指が動かずにはいられない。

「たとえ瑞草区役所での公益勤務でしたが、2年2ヶ月という時間は私の心を肥えるようにさせました。誰もが同じだったと思うけれど、軍入隊を決めるのは易しくありませんでしたが、結果的に自分を振り返るようになりました。軍隊で世の中を見たし、今は大人になったような気がします。」というシムヒョンタクだ。
200709140926252100_2rtywyyw.jpg

もう何も持っているものはない。引っかかるものもない。

ふっとまだ‘軍紀’が残っているような態度だ。決然としている意志まで見える。「もう何もありません。以前に持っていたもの等、経歴やら、自尊心やらは皆捨てて来ました。また新人として見て欲しいです。」

「それでも好き」では、ローファーム弁護士ソッビン役を引き受けた。冷情で緻密な性格の持ち主で、間違った結婚で迷う兄ソッヌ(イチャンフン)とは様々に対比される人物だ。ドラマの内容は典型的な朝ドラマだ。腹違いの兄弟、腹違いの姉妹が登場し、両家は同属婚姻で複雑に絡まる。三角・四角で編まれる男女関係、出生の秘密、不幸な結婚生活など、朝ドラマの興行要素をあまねく取り揃えている。

朝ドラマで冷情なローファーム弁護士

「監督が‘沈痛に、太く、強く’と注文しました。悪役と言うのははばかられるが、多情多感な人物にはならないということのようです。 ‘いる時尽くして’を演出したキムウソンPDが今回の作品を引き受けましたが、‘台詞伝達より感情が重要だ’という話をしました。 私がすべきことが何なのか、すぐ感じがゴツンと来ました。」

軍の服務を終えた演技者たちの話を聞いてみると、大部分は「ドラマを見たくなかった。」と話す。自尊心の為であろう。同期や後輩演技者たちが活発に動いている姿を見て、ひたすら良いとする人も良くない。シムヒョンタクもその範疇から大きく脱しなかった。「どうしても軽い心でドラマを見易くありませんでした。それでなのか、アメリカドラマ、日本ドラマに凝りました。「HEROSE」や「Prison Break」「24時」「のだめカンタービレ」のような作品にハマりました。 いろいろ感じた点が多かったですが、特に視線処理を注意深く見て、今演技するのに多くの役に立っています。」と話した。
200709140926252100_3rtyert.jpg

今回の作品が出来なければ、KBSに足を入れ難い

アメリカドラマを見ながら悟った‘視線処理’は、来る15日放送されるKBS-2TV「ドラマシティ シーッ! そこに、天使」で思いっきり発散される。「初めてシナリオをガツンと受けたが、‘大変な事になった’ と思いました。 この演技をまともに出来なければ、二度とKBSに足を踏み入れられないだろうという気がしました。台詞はほとんどなく、視線と表情を主として演技をしなければならないのに、それ程負担ではありませんでした。幸いに、それなりに悟った視線処理法がたくさん助けになりました。」

シムヒョンタクは「シーッ! そこに、天使」で臓器不法売買組織員として出演する。過去に子供の病院費用を用意する為に、片方の腎臓を売り込んだ前歴もある。取り締まりが厳しくなると、結局、詐欺まで働くようになる下積み人生を演じる。シムヒョンタクの強烈な人生とよく似合う配役だ。

大学院は自動除籍

水原大学演劇映画科を卒業し、東国大学教大学院新聞放送学科に進学したシムヒョンタクは、軍の服務期間の間、入隊休学をせず、結局、学校から除籍処理された。服務期間の間、体重も増えて84kgまでになった。しかし、除隊を控えて身体作りに入り、3ヶ月間でおおよそ 14kg落とす、驚くべきな精神力を見せた。

「運動が好きです。ヘルスとスイミングに山登りが特に好きだが、家の近くの冠岳山の頂上でどぶろく一杯でも飲んでいる人の中に、もしかすると私が混ざっている可能性もあります。 (笑)‘ドラマシティ-シーッ! そこに、天使’では、これまで整えた私の体つきも見られるでしょう。 熱心にします。」

カンヒス記者100c@osen.co.kr

写真:キムヨンミン記者 ajyoung@osen.co.kr

osen]2007-09-14 9:35:05
posted by rika1999 at 14:29| ■TOPICS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。